MENU

中性脂肪薬とは?気になる構成分や摂取タイミングは?

中性脂肪薬

加齢と共に気になりだすお腹の皮下脂肪や便秘による

ぽっこりお腹でお悩みの方はいらっしゃいませんか?

 

ダイエットに取り組む時間が無い・・・
サプリを飲んでも効果実感できない・・・

 

そんな方におススメなのが中性脂肪薬です。

 

ここでは中性脂肪とは何か、どのような構成分なのか、
おススメの体質の方や効果的な摂取タイミングなど
について詳しくご紹介します。

 

 

中性脂肪の効き目や気になる構成分について

 

中性脂肪薬とは18種類の生薬エキスを調合した
漢方薬で、お腹周りの皮下脂肪や肥満症、便秘の
改善に効き目を発揮する医薬品です。

 

ぽっこりお腹の脂肪を分解・燃焼・排出する作用に
優れ、肥満症や高血圧症の改善、肥満症や高血圧症が
招く動悸やのぼせ、むくみ、肩凝り、尿量減少といった
様々な諸症状の改善も期待できます。

 

「中性脂肪薬」というネーミングから飲むだけでダイエット
できるとイメージされやすいですが、中性脂肪薬は新陳代謝を
促すことで体に溜まった余分な脂肪や老廃物を体外へと
排出する作用を促す薬となっています。

 

またバランスのとれた食事や運動を取り入れることで、
より脂肪燃焼作用をアップすることが期待できます。

 

中性脂肪薬には、こういった効果を発揮するために
18種類の生薬エキスを調合しています。

 

生薬は一つ一つに作用があり、様々な作用を持つ
生薬をバランスよく調合することで肥満症や高血圧、
便秘の解消へと導くことが期待できます。

 

【調合18種の生薬】
オウゴン、カンゾウ、サンシシ、ショウキョウ、ボウショウ、
レンギョウ、ボウフウ、ショウキュウ、キキョウ、ビャクジュツ、
ケイガイ、カッセキ、マオウ、ダイオウ、センキュウ、セッコウ、
トウキ、ハッカ

 

 

中性脂肪薬をおススメしたい体質の方とは?

 

中性脂肪薬は18種の生薬エキスを調合した漢方薬であり、
肥満症や高血圧症、便秘でお悩みの方におススメです。

 

ただしこういった症状でお悩みの全ての方におススメ
という訳ではなく、東洋医学において「実証タイプ」に
分類される方に効果を発揮します。

 

東洋医学では「実証タイプ」と「虚証タイプ」とに分類され、
中性脂肪薬は、痩せ型で顔色が青白く、お腹を
壊しやすい「虚証タイプ」にはおススメできません。

 

中性脂肪には代謝アップや活血効果に優れているため、
顔色が良く持久力があり、全体的に脂肪が付いている
「実証タイプ」の方に効果を発揮しやすくなっています。

 

 

効き目アップが期待できる摂取タイミングは?

 

中性脂肪薬はお腹が空いている時に摂取すると
効果を発揮しやすいのでおススメです。

 

中性脂肪薬は漢方成分由来なので、漢方の成分によっては
胃腸を刺激してしまう方や摂取時に気持ち悪くなってしまう方は
空腹時の摂取は避け、食後に摂取することをおススメします。

 

基本的には1日2〜3回、食事の前や食後2〜3時間
ほど経ってからの摂取が推奨されています。

 

また中性脂肪薬は粉末タイプや錠剤タイプのものが多く、
摂取時は水またはぬるま湯でそのまま飲むようにしてください。

 

肥満症や高血圧症でお悩みの方が摂取する場合は、一般的に
30日ほどで効き目を感じることができますが、便秘でお悩みの方
が摂取する場合は6?7日ほどで効き目を感じることができます。

 

便秘の改善効果を感じた後も摂取を続けた場合、
お腹が緩くなったり下痢を引き起こす場合があるので
体調を見ながら摂取するように気をつけましょう。