MENU

中性脂肪薬の気になる構成分とそれぞれの効き目とは?

中性脂肪薬

中性脂肪薬は18種の生薬を調合した漢方由来の医薬品です。

 

調合している生薬の一つ一つにはそれぞれ独自の効能を持ち、
18種を調合することで様々な効き目が期待できます。

 

特にお腹周りの皮下脂肪や肥満症、高血圧症、便秘、のぼせ、
むくみ、ニキビなどに効くとされています。

 

 

生薬18種の特徴や効能について

 

芒硝(ボウショウ)

自然界で採掘された芒硝を精製し、含水硫酸マグネシウムや
含水硫酸ナトリウムを含有する漢方成分。

 

便秘改善に効果的とされ、体内に溜まった便を排出する作用に
優れ、胃もたれの解消など胃腸環境を整える作用に優れています。

 

 

防風(ボウフウ)

セリ科の一種であるボウフウの根を乾燥させた漢方薬で、
解熱・発汗・鎮痛作用を持ち、頭痛・関節痛・神経痛・
関節痛・皮膚炎の改善に効果を発揮します。

 

 

麻黄(マオウ)

マオウ科に分類されるマオウの茎を乾燥させた漢方薬で、
スポーツにおいてドーピング検査の禁止成分として指定されて
いるエフェドリンという成分を含有しています。

 

鎮咳、発汗、利尿作用に優れていることから咳止め薬や解熱剤に
使用される成分で、むくみや関節痛の改善効果も期待できます。

 

 

黄ごん(オウゴン)

シソ科の一種コガネバナの根を乾燥させた漢方薬で、
鎮痛・清熱・消炎作用があり、胃腸炎や熱性疾患、腹痛、
下痢、黄疸の改善に効果を発揮します。

 

 

荊芥(ケイガイ)

シソ科の一種ケイガイの花穂を乾燥させた漢方薬で、
鎮痛・解熱・消腫・止血作用を持ち、発熱や咽頭痛など
風邪の諸症状の改善に効くとされています。

 

 

大黄(ダイオウ)

タデ科のダイオウの根茎を乾燥した漢方薬で、薬品としては
主に4種類とその雑品種を使用し、大腸に働きかけて便通を
促すほか、生理不順や打撲、熱性疾患の改善が期待できます。

 

 

桔梗(キキョウ)

キキョウ科のキキョウの根を乾燥した漢方薬で、
止咳・去痰・排膿作用があり、咳止めや喉の痛み、
痰を改善する医薬品に使用されています。

 

 

白朮(ビャクジュツ)

オオバナオケラやオケやの根・茎を乾燥した漢方薬で、体の中に
溜まった余計な水分を排出する作用に優れ、消化器系の
機能障害やむくみの改善に効果を発揮します。

 

 

当帰(トウキ)

セリ科のホッカイトウキやトウキの根を乾燥した漢方薬で、
活血・補血作用に優れていることから血行機能の
障害改善に効き目を発揮します。

 

さらに鎮痛薬や婦人薬、強壮薬としても使用されています。

 

 

山梔子(サンシシ)

アカネ科のクチナシの実を乾燥した漢方薬で、清熱・鎮痛・止血・
消炎作用に優れ、のぼせや不眠、イライラの解消に効果を発揮します。

 

 

芍薬(シャクヤク)

ボタン科の一種シャクヤクの根を乾燥した漢方薬で、抗炎症・止痛・
補血作用があり、腹痛・血虚・筋肉痛の改善に効果を発揮します。

 

 

生姜(ショウキョウ)

ショウガ科のショウガの茎や根を乾燥した漢方薬で、発汗・鎮吐・整腸作用を
持ち、食欲不振や吐き気など胃腸系の不調に効き目を発揮します。

 

 

連翹(レンギョウ)

モクセイ科のシナレンギョウやレンギョウの実を乾燥した漢方薬
で、消炎・鎮痛・解毒・排膿・清熱・利尿作用を持ち、熱性疾患
や皮膚の炎症や化膿に対して効き目を発揮します。

 

 

滑石(カッセキ)

鉱物の一種である滑石は二酸化ケイ素や含水ケイ酸アルミニウム
を含有し、清熱や利尿作用に優れていることからむくみや口渇、
排尿障害、皮膚潰瘍の改善が期待できます。

 

 

川きゅう(センキュウ)

セリ科の一種センキュウの根や茎を乾燥した漢方薬で、血流促進作用を
持つことから冷え性や貧血、筋肉痛や生理痛の改善が期待できます。

 

 

甘草(カンゾウ)

マメ科の一種スペインカンゾウやウラルカンゾウの根を乾燥した漢方薬で、
去痰・鎮痛・整腸作用や抗炎症・抗アレルギー作用を持っています。

 

腹痛や下痢、動悸の改善が期待できます。

 

 

石膏(セッコウ)

鉱物の一種で含水硫酸カルシウムを含有する石膏には、清熱・
止渇・沈静作用を持ち、高熱・炎症を伴うむくみ・かゆみ・口渇
などの症状改善に効き目を発揮します。

 

 

薄荷(ハッカ)

シソ科の一種であるハッカを乾燥した漢方薬で、めまいや
頭痛、消化不良や喉頭痛の改善に効果を発揮します。

 

また独特の爽快感により口の中をスッキリさせたり、
気分をさっぱりさせる効果も期待できます。